履歴書の資格欄の代わりに志望動機で貢献可能性を訴える

 履歴書の内容が充実しているとそれだけで就職試験にパスしたような気分になる人がいます。

 

 逆に、自分は何の資格も持っていないから空欄が目立つ。どうすれば良いのかと悩む人も。では、なぜ履歴書に資格を書く欄が設けられているのかを考えることから始めましょう。

 

履歴書の資格欄が有利に働く理由は2つある

 

 大前提として、ある種の資格がなければ就くことができない職業の場合には、資格欄が空白になる人が入り込む余地はありません。従って、有利不利の問題ではないのです。

 

 では、資格欄の記載内容が中高年者の就職に有利となる理由はなにかといえば、主に2つあると考えられます。

 

 まず、これまでの実務経験の裏付けとなる資格を持っていれば、即戦力として活躍できるアピールとなるでしょう。採用する側から見れば、職歴の記載だけではどの程度の能力かはわかりません。しかし、関連する資格を持っているのなら一定のレベルを保証されたようなものです。

 

 もうひとつ、直接仕事と関係の無い資格であっても、それなりの資格を保有できる資質を持っていることをアピールできます。俗にいう地頭の良さとでもいえばわかりやすいでしょうか。

 

結局は会社にとってどれだけ役に立つかというアピール

 

 つまり、履歴書の資格欄は、自分が会社にとって役に立つ人間であることを客観的な資料からアピールするためにあるのです。会社から見れば、自社に貢献できる素地があるかないかの判断材料のひとつにできる利点があります。

 

 従って、趣味で資格と名前の付くものを集めているようなレベルであれば、たいした効果はありません。

 

 結局のところ、自分が入社すればこれだけ貢献できることをアピールすれば良い話であり、それは資格に限らないわけです。書ける資格がないのであれば、それに変わる主張を込めることです。ちょうどうまい具合に志望動機を書く欄があります。ないものもありますので、履歴書用紙は志望動機欄のあるものを選んでください。

 

 そして、ひとつやふたつの資格に負けない、自分なりの誠意と能力を必死になって書き込んでください。中高年のキャリアをもってすれば不可能ではないはずです。

 

 

<関連記事>
中高年の履歴書のポイント
職務経歴書こそアピールのチャンス
職務経歴書に悩んだ時の解決方法