面接を通過するためのコツはありますか?

面接で不採用になります。どうすれば面接がうまくいくでしょうか

 

 面接では、自分を採用することで、いかにメリットがあるのかということをアピールする必要があります。そのためには、相手に伝わるような話し方をして熱意を伝える必要があります。

 

 採用担当者は、候補者が企業にあう人材どうか、社風に合うかどうか、業務をこなして会社にロイヤリティを持ち働いてくれるかということを見ています。その中で、いくら面接マニュアルの回答を暗記し、棒読みしても相手には伝わりません。そもそも、うまく伝えようとする必要はないのです。借りてきたような模範解答をすると、採用担当者は、応募者の言葉が本心か否かを見極めるために、より深入りした質問を投げてその人の性格や志向性を探ろうとします。そのため、暗記することが、かえって自分を苦しめることにもつながります。

 

 そこで面接前には、しっかりと自己分析をして、応募企業を志望する理由と活かせる経験やスキル、強みなどの理由を箇条書きにしてみると良いでしょう。そして、それらを丸暗記する必要はありませんが、伝えるべきことだけはポイントとして覚えておきます。そして、面接では、うまく話しができなくても構いませんから、そのポイントだけはしっかりと伝えることを意識すると良いでしょう。
採用担当者が採用したい人材は、求めるスキルに合致していれば、あとは人柄や志望度といった熱意がある人を採用します。そのため、面接に呼ばれたのは、可能性があるからです。たとえ、緊張してもポイントだけはアピールするように心がけて臨めばうまくいくでしょう。