試用期間のある会社へ就職した時のための知識

試用期間の概要・目的を知る

 

 ほとんどの就職者が避けられないのが、入社後に待っている試用期間。この概要や目的を知り、入社後に戸惑わない程度の知識を今の内に備えておきましょう。

 

 平均3ヶ月ほど、これが試用期間の一般的な長さ。入社直後からこの程度の期間を試用期間として働くことになり、そこから本採用へと移行していきます。移行の仕方は期間と同じで会社が独自に決定。試験のようなものがあるところもあれば、ないところもあります。

 

 本採用へ移るための試験を設けていない企業であっても、それに見合う能力や人格を持っているかどうかをチェックしてから試用期間の終了を伝えることになるでしょう。試用期間の目的はまさにこの点にあり、あなたの能力や人格をチェックするためのものなのです。

 

試用期間の間の働き方

 

 試用期間で能力や人格をチェックすると言われると少し堅くなってしまうかもしれませんが、大丈夫です、リラックスして働きましょう。

 

 企業は何も新しく入った社員のことをクビにするために試用期間を設けているわけではありません。むしろ、会社にとって必要な存在となって欲しいと考えて仕事を教えたり会社の雰囲気に馴染ませようとしているはず。

 

 あなたはあなたのできることに一生懸命取り組めば、試用期間の間の働き方としては何の問題も出てこないのです。試用期間を突破できない人は、例え中高年の就職者でもほとんどいないので、特に意識することなく普通に働くようにしましょう。

 

退職は可能だけれど制約あり

 

 試用期間中、どうもこの会社とは合いそうもない、あるいは労働環境が酷過ぎて働き続ける自信がないと思ったら、最悪退職することも考えなければならなくなるでしょう。

 

 試用期間中でも、あなたが申し出れば退職することは可能です。ただ、制約があります。退職を伝えてその日を最後に出勤しないというのはルール違反。短くても2週間のスパンが必要となるので、もし退職するのであれば前もって伝えなければなりません。

 

 試用期間中と言えども就職しているわけですから、その会社のルールはもちろん、社会人としてのルールを守ることも忘れないでください。

 

 

<関連記事>
円満退職でスムーズな流れを作ろう
入社の時の確認事項
途中入社の注意点
入社後の心得・注意点をチェック