中高年の再就職の選択肢

 中高年からの就職が厳しい状態になっています。これは今始まったわけではなく、これまでも続いてきた通りの流れを踏襲しているだけです。

素朴な疑問

 なぜ中高年の就職が厳しいのでしょうか?企業がなぜ若い人を優先させるのかを考えてみましょう。

 

 基本給の中に年齢給が設けられている企業はまだまだ多くあります。そのために能力がいかほどであっても、年齢に応じた給料を企業としては出さなければなりません。

 

 年齢が上であればあるほど、年齢給も多くなりますのでこれをあまり出したくないのが企業の本音となります。ですので、若い人から雇う、という流れが生まれるわけです。

 

「武器」がないと厳しい中高年の再就職

 他にも平均年齢を下げておきたかったり、長い期間働いて欲しかったり、体力的な問題、健康上の問題、染まりやすさなどを勘案して若い世代を雇うという潮流が生まれました。

 

 では、どうすれば中高年からの再就職などが成功するのでしょうか? 希少性の高い資格(実務経験を伴う)を持っていたり、有力なコネクションがあったりすれば成功する確立は高くなるでしょう。

 

 そうした何か特別なものがない限りは、なかなか難しく、ハローワークなどで紹介される職業に就くのが一般的です。

 

 

行政機関の嘱託職員という選択肢も

 元公務員であれば、最近では行政機関の嘱託として再雇用されることも増えていますので、定年後は古巣で働くという手もあります。

 

 求人は多数あり、働き方はそれぞれですが、なるべく良い給料で働きたいと思う場合には現役時代から何かしらの工夫をしておくことが必須です。

 

 現役時代に仕事を頑張ることは、給与や昇進のためだけではなく、再就職や老後のためでもあるのです。